ボウリング部

ブログ

2016年09月21日

第55回関西学生ボウリング選手権大会結果報告

8月24日から25日の二日間、京都府のしょざんボウルにて第55回関西学生ボウリング選手権大会が開催されました。この大会は毎年8月下旬に開催される大会であり、今年度から入学した新入生にとっては最初の本格的な大会となります。試合は全日程で、2人チーム戦と男女混合3人チーム戦を3ゲーム、5人チーム戦を6ゲーム行い、全12ゲーム中のトータルピン数で上位24名が選手権者決定戦9ゲームに進出できます。表彰は各チーム戦上位6チーム、個人トータルピン数上位6名、男女個人ハイゲーム・ハイシリーズ(3G合計)

試合の序盤は投球が難しいレーンであったために全体的なスコアが伸びず、逆に終盤になるにつれて高いスコアをマークしやすい状態になって全体のレベルが上昇していきました。近畿大学からは選手権者決定戦に、建築学部建築学科3年の園山恵市選手、同学部学科2回の木曽央菜選手、総合社会学部総合社会学科3年の宇治宮汐梨選手が進出し、個人戦では木曽選手が女子第3位に入賞を果たしました!

またチーム戦では2人チーム戦で女子(木曽・宇治宮ペア)が3位に、5人チーム戦では男子(平田・北浦・西岡・岡本・植田)が6位に入賞しました。

一年生にとっては初の実戦となり、試合の雰囲気になれるうえでもいい経験になったと思います。これからの成長に期待する一方で、男子は入賞を果たしたとはいえ、内容的には納得のいかないスコアもマークするなど課題が見られたので、これからの練習で修正し、秋以降の公式戦では他大学にリベンジできるよう頑張っていきたいと思います。

 

アーカイブ

関連外部リンク