硬式野球部

FAQ

全回答をチェックする
  • Q.1
    スローガンは?
    日本一奪回
  • Q.2
    今年度の目標は?
    リーグ優勝、日本一
  • Q.3
    クラブ(競技)の1番の魅力は?
    プロ野球選手を多数輩出していること。
  • Q.4
    過去最高の実績は?
    70季中35回の優勝。創部40年目の昭和63年に全日本大学野球選手権で初優勝し平成元年には、春秋リーグ戦、全日本大学野球選手権、明治神宮野球大会を制し、また、平成9年にはアマ5冠(春秋リーグ戦、全日本大学野球選手権、アマチュア王座決定戦、明治神宮野球大会)という2つのグランドスラムを成し遂げた。平成17年には全日本大学野球選手権で準優勝、平成18年の全日本大学野球選手権、明治神宮野球大会、平成20年の全日本大学野球選手権とそれぞれの大会でベスト4に進出した。
  • Q.5
    1番達成感を得られる瞬間は?
    試合で勝利したとき。
  • Q.6
    1番大切な心がけは
    野球ができることを当たり前と思わず常に周りの人たちに感謝の気持ちを持って活動すること。
  • Q.7
    学業との両立はできますか?
    はい。(中には教職課程を取っている選手もいます)
  • Q.8
    クラブの歴史について教えて(創部した時期や大きな出来事など)
    昭和24年に創部され、昭和37年関西六大学に昇格し、以降リーグ戦優勝44回(旧関六含む)、関西学生野球連盟発足後は、70季中35回の優勝を遂げている。
  • Q.9
    大会での実績について教えて
    昭和37年関西六大学に昇格し、以降リーグ戦優勝44回(旧関六含む)、関西学生野球連盟発足後は、70季中35回の優勝を遂げている。
  • Q.10
    TwitterやFacebookなどのSNSにアカウントはある?
    ありません。
  • Q.11
    就職活動との両立はできる?
    できます。
  • Q.12
    アルバイトとの両立はできる?
    アルバイトは禁止されています。
  • Q.13
    寮はある?(あれば寮生活の良いポイントも)
    あります。(集団生活を行うことによって絆が生まれ団結力が向上します)
  • Q.14
    部員数はどれくらい?
    66人(1~3年生)
  • Q.15
    どの学部の部員が多い?
    経営学部です。
  • Q.16
    初心者でも入部できる?初心者の割合は?
    できません。
  • Q.17
    マネージャーの募集はしている?
    チームマネージャー(男子)、放送委員(女子)を募集しています。
  • Q.18
    部内の上下関係はどのくらい厳しい?
    普通にしていれば何の問題もありません。
  • Q.19
    OBとの繋がりは強い?
    非常に強いです。
  • Q.20
    社会人やプロとの関わりはある?(合同練習や練習試合など)
    社会人チームとはよく練習試合をさせて頂きます。
    プロと試合をすることもごく稀にあります。
  • Q.21
    他大学との交流は?
    練習試合やリーグ戦でならあります。
  • Q.22
    部費はどれくらい必要?
    寮費が月65,000円、部費が年70,000円、 他 遠征費など
  • Q.23
    指導者はどんな人?指導者と部員の関係はどんな感じ?
    非常に熱血的です。選手想いで素晴らしい指導者です。
    部員が話しかけやすい環境を作ってくださっています。
  • Q.24
    活動(練習)設備はしっかりしている?
    グラウンドが2面、内野がすっぽり入る室内練習場、器具の揃ったトレーニングルームがあるので環境は非常に充実しています。
  • Q.25
    活動(練習)の日時は?
    平日は8時から12時30分ごろまで
    土日祝日は8時30分から16時ごろまで活動しています。
  • Q.26
    主な活動(練習)場所は?
    近畿大学生駒総合グラウンドです。
  • Q.27
    試験期間中の活動(練習)は?
    あります。
  • Q.28
    合宿はどのくらいの頻度?
    2月中旬からのキャンプ合宿、3月の遠征、8月の遠征(年によって変わる)
  • Q.29
    大会や練習以外の活動があれば教えて
    竜田川クリーンキャンペーン、地域の祭りの手伝い、献血
  • Q.30
    主将から一言
    私たち硬式野球部はリーグ優勝、日本一という大きな目標に向かって、毎日厳しい練習を行っています。
    みなさんも興味があれば是非、球場まで足を運んでください。
    よろしくお願い致します。